設立に必要なこととポイント

皆さんも、いわゆる『資本』という言葉を聞いたことがおありでしょう。私達が何か新しいことを始める時には、いわゆるお金が必要です。言ってしまえば、お金が無いと何も行えません。もちろん、会社設立に関しても、です。一番最初にかかって来る費用とは、いわゆる『手続き』のための費用です。まず会社は、法人として登記しなければなりません。そのためには書類上の手続きが必要なのですが、その手続きの費用がかなり掛かります。また、実際に証明等を行う必要もありますが、そういった手続きでも費用が必要となります。最初の段階である程度の出費が必要であることを理解している必要があります。そういった最初の段階でトラブルを起こさないようにするためです。

 

さて、その段階を無事クリアしたらゴール…いいえ、違います。そもそも設立してからが一番大変なわけで、従業員や納税の問題があります。そういった問題では、トラブルが予期していなくても発生することがあり得ます。そういったトラブル対応のために、『税理士』を雇って、サポートして貰うことができるかもしれません。会計業務を全て行うことは難しいと感じる場合、税理士を阿東ならその当たりの業務を任せられます。